<< ジョーバの効果の秘密を調べてみた! | main | ピラティスの簡単なポーズは誰にでもできる?楽なものをご紹介! >>

おなかウォーカーの効果を出す方法と効果への根拠!

おなかウォーカーの効果が注目を集めています。

履くだけでお腹がへこむと評判の「ワコール・おなかウォーカー」は、ダイエットに人気でしたが、メタボ検診が義務化され、お腹周りを測りその数値も合わせて判定される事になり、お腹周りの心配な人たちにも「ワコール・おなかウォーカー」は注目の商品です。

おなかを引き締めたいと色々なエクササイズをしたけど続かない人や食事でやせておなかをへこませたいと食事制限する人も我慢はつらいとなかなか「おなか」をへこます事は大変のようです。

そんななか、「ワコール・おなかウォーカー」いつもどおりにはいて歩くだけでシェイプアップできる、楽してやせたい人たちやメタボ検診に不安な人たちには気になるダイエットグッズとなっています。

なぜ、歩くだけでおなかウォーカーの効果を期待できるのでしょうか?

ワコールは、皮膚に点在している「メカノセレプター」という感覚センサーに着目し圧力に差をつけることで、特定の「メカノセレプター」を刺激する事により、歩行時に筋肉がより使われるように作用する仕組みを科学的な裏づけとして、開発しています。

おなかウォーカーを履いて歩くとヒップの下を通るY字構造が腰の後ろ方向へのひねりを大きくする歩き方に変えてしまうので腹斜筋というおなかの筋肉がより使われるような歩き方になり、この左右の腹斜筋が鍛えられる事でおなかが引きしまってくるということです。

つまり、履いて歩くだけでおなかを引き締める運動をしている状態を作り出し、おなかをへこます効果が期待できるというわけです。

「ワコール・おなかウォーカー」のバリエーションも増えて、ソフトな履きごご地のライトタイプの登場やそのカラーも豊富になり、色々選べるようになりました。

おなかウォーカーの効果を引き出すためには、1日6千歩以上を週5日で1ヶ月間続けることですが、通常の生活でもこの数値は十分に達成できるはずです。

あなたも「ワコール・おなかウォーカー」でメタボ検診に備えますか?

piposarukun * メタボリックシンドローム * 15:30 * - * - * pookmark
このページの先頭へ