<< 体組成計の格安を購入!便利な機能はコレだ! | main | 基礎代謝と骨格筋の関係!1日におけるエネルギー消費量はどのくらい? >>

皮下脂肪と内臓脂肪の違いはこんなところ!

皮下脂肪と内臓脂肪という言葉を聞いたことがあると思います。

内臓脂肪と体脂肪を一緒に考えていませんか?両者は、分けて考える必要があります。

体組成計で体脂肪率を計りました。このとき体脂肪率と内臓脂肪レベルが必ずしも比例する事はないとわかるはずです。
体脂肪は、体のどの部分につくかにより皮下脂肪と内臓脂肪にわかれます。

いま問題になっているのは内臓脂肪で、それは内臓の周りについている脂肪の事で、体脂肪率が低くても内臓脂肪が多いこともあり、体脂肪率が高くても内臓脂肪が少ない事もあるのです。

体脂肪だけを計っても、両方が一緒に測られるのですから生活習慣病の危険性はわからないと言う事です。

皮下脂肪と内臓脂肪の体への弊害は明確です。

内臓脂肪が多くなると糖尿病(インスリンの働きを阻害)や高脂血症(血中に脂肪が増える)の原因になるなど、生活習慣病のリスクが高まる事が知られてきました。

生活習慣病を予防するのは内臓脂肪を減らす事が効果的です。
ポッコリお腹の人は内臓脂肪が多いと言われますが、隠れ肥満と言われる人には当てはまらないので注意が必要です。

皮下脂肪とは、お腹のほかに、お尻・太もも・二の腕などにつきやすく内臓脂肪ほど健康に直接には関係がなく、見た目(プロポーション)に影響があるといわれていますが、多いと内臓を圧迫しますので、注意が必要です。

体組成計は、内臓脂肪も計れるので便利だと思います。

piposarukun * ダイエット グッズ * 23:18 * - * - * pookmark
このページの先頭へ