<< 意外と知らないスクワットのやり方!メリハリボディを手に入れる? | main | バストアップ体操もスクワットで!くびれと一緒に手に入れる? >>

スクワットの方法は体力に応じて変える?

スクワットの方法の基本を前回書きましたが、今回は、ダイエットやシェイプアップをするときの注意点です。

正しいスクワットならカロリー消費もでき、回数をしても腰痛の心配も有りません。

その正しい方法でしないと、しゃがむときに膝がつま先よりも前に出てしまうと膝に負担がかかり痛める危険があります。

さらに、太腿やお尻のシェイプアップには効果がないので要注意です。
予防する簡単な方法としては、壁に向かって立ってするのです。

これなら、膝が前に出れない(壁に当たる)ので、正しい姿勢でスクワットができてしまいます。

背中は、いつもまっすぐに、肩をつぼめたり猫背になったりしないで、まるで一枚板のように背筋を伸ばしてスクワットします。

そうすることにより、背骨や肩甲骨の周りに集中している褐色脂肪細胞が活性化して、余分に体内に蓄積されていたカロリーが燃焼されます。

できるならばフルスクワット、つまり太腿が床に平行になるまで腰を落とすのが最も効果的なわけですが、膝を90度までは大変でできないという人は、途中まで膝を曲げるハーフスクワットから始めても良いでしょう。

膝が伸びきるまで立ち上がらず、手前で止めるのが高い効果を発揮するダイエットに効果的なスクワットの方法なのです。

慣れてきたら取り入れてみると良いです。
ダイエットのスクワットの呼吸方法は、息を吸いながらしゃがみ、息をはきながら立ち上がります。

これは、息を吐くときのほうが力を入れることができるからです。
その際、息をとめることは絶対にしないようにしてください。

かける時間はしゃがむのに3秒かけて、立ち上がるのにも3秒かけるようにし、全てゆっくりとした動作が効果的です。
立つしゃがむこれを1回とし、10回を1セットとして3セット行うのが基本になります。

時間にすれば3分くらいですから、1日たった3分のミラクルシェイプのスクワットで

ダイエットとアンチエイジング効果が期待できます。
ダイエットのスクワットをする時間帯は、いつでも食後すぐ以外ならかまわないです。

少なくても週に1回、できるならば毎日行うようにしてください。

また、ダイエットのスクワットの方法は、やり方を少し変えるだけで、効果も色々と期待できるのです。

このつぎから、足やせ・バストアップ・ウエストシェイプ・ヒップアップ・体脂肪燃焼に効果が期待できる

ミラクルシェイプのスクワット方法をアップしていく予定です。
どうぞお楽しみに・・・

続く・・・
piposarukun * 簡単 ダイエット 運動 * 22:53 * - * - * pookmark
このページの先頭へ