<< 隠れ肥満と体脂肪率!あなたの場合は? | main | 意外と知らないスクワットのやり方!メリハリボディを手に入れる? >>

BMI 計算式で肥満度チェック!

BMIの計算式が注目されています。

なぜかというと以前からある肥満度のチェック法に用いられる標準体重の計算方法である{身長(センチ)−100}×0.9=体重(キログラム)は、身長の低い人に厳しく、高い人には緩いという欠点がありました。

そこで登場したのがBMI 計算式です。
最近はBMI(体格指数)という数値が肥満の判定に良く使われています。

ボディ・マックス・インデックスのことで、体格指数(ボディ・マックス・インデックス=BMI)の値は、BMIの計算式である体重(キログラム)÷{身長(メートル)×2乗}で表わすことができます。

体重58キロで155センチの人なら58÷(1.55×1.55)=24.1415となり、BMIの計算式では適正値が18〜25未満で、それ以上が肥満ですから、この場合は肥満には当てはまりません。

しかし、これでは正確に肥満は測れないのです。

体格指数(ボディ・マックス・インデックス=BMI)は、単に体重と身長からのみ肥満度を計算するからです。

なぜならば、人により同じ体重でも筋肉量、骨量、脂肪量が違うからです。その上に年齢や性別・運動量でも違いがあります。

そこで必要なのが体脂肪率の測定です。

男性で25%以上、女性で30%以上の体脂肪率がありますと、「肥満」ということになります。

市販の体重計でも体脂肪率がはかれるものがありますので、簡単に自分でも測れるようになりました。
肥満度が気になるひとは、BMI 計算式だけでなく体脂肪率も量れる機器を用意しましょう。

piposarukun * 簡単ダイエット * 15:47 * - * - * pookmark
このページの先頭へ