<< ロデオボーイの効果!筋力アップで代謝もアップ? | main | BMI 計算式で肥満度チェック! >>

隠れ肥満と体脂肪率!あなたの場合は?

一見スリムなのに、体脂肪の量が基準以上の人がいます。
いわゆる「隠れ肥満」というものです。

本人には肥満の自覚がなく、見た目も肥満に見えないので廻りからの指摘もなく、自分自身も気が付かないので発見が遅れがちです。
体脂肪計などで計測し、隠れ肥満は体脂肪率で判断しましょう。

過剰な体脂肪と生活習慣病は、密接な関係にあります。
自分は太ってないし、肥満とは関係がないと思っているあなたも実は隠れ肥満の可能性はあるのです。


隠れ肥満の原因とは?
運動不足や食べすぎによる肥満が生活が便利になった事や、食生活が豊かになった事で問題になっています。

見た目のスタイルだけで正確に判断することはできません。
体に蓄積された脂肪の割合を測定し、その値が標準値を超えた場合に肥満という判断がなされます。

体脂肪率が高いが外見は太っていない、「隠れ肥満」は、知らないうちに動脈硬化が進んでいたり、生活習慣病の原因にもなりますので早期発見が大切です。

普段、運動量が少ない人は体の筋肉量や骨密度が減少し、体重は以前と変わらないのに変わりに体脂肪が増えている事があります。

隠れ肥満は体脂肪率を量ることにより発見できるのです。

さらに、ダイエットの失敗やダイエットのリバウンドにより体重が元に戻っている場合も隠れ肥満を考えてみる必要があります。

隠れ肥満と体脂肪率の関係は、今まで見過ごされがちだった危険因子が体脂肪率の測定により簡単に判別できるようになりましたので、この際疑わしい人は調べてみると良いでしょう。



つづく・・・

piposarukun * 簡単ダイエット * 00:44 * - * - * pookmark
このページの先頭へ