<< ダイエット運動で確実に痩せる方法は激しい運動ではない? | main | カプサイシンの効果でおいしくダイエット!世界一辛いスパイス? >>

代謝アップの方法を知れば勝手に痩せる?

代謝アップの方法、基礎代謝をあげるとはどのようなことでしょうか。
そのメリットや方法をご紹介します。

ダイエットするには、食べる以上にカロリーを消費させれば良いことはわかるのですが、「運動はしたくないけどお腹は空く」と言うのが皆さん共通の悩みの種だと思います。

しかし、カロリーを消費するのは、何もつらい運動だけではありません。
わざわざ運動をしなくても、生きているものに「基礎代謝」と言うものがあります。

特別何か運動をしなくても、人間が生きて行く為に必要な運動、心臓が動くのでもカロリーを消費しますし、寝ていても呼吸をしてカロリーを消費します。

つまり自然にエネルギーを消費する基礎代謝をあげることが出来れば、何もしなくてもカロリー消費量を上げることが出来るのです。

簡単な方法として、体の深層部の筋肉を鍛えることがあります。

代謝アップの方法です。

基礎代謝があげると、何もしなくても今までよりカロリー消費量があがるのですから、こんな楽なダイエットはないと思います。

その方法として、例えば階段を上がるときに、一段ごとにつま先を伸ばすだけでも効果がありますし、靴下を履くときに、片足立ちで履くだけでも効果があります。

日常の生活でも、わざと動作を遅く、立ち上がるときや部屋を移動するとき等、ゆっくりとする事で、体は微妙なバランスを取ろうとして筋肉を使いますし、一定の負荷がかかることになります。

このように筋肉に負荷をかけることで実現します。
しかし、ただきつい筋トレを続けるのが代謝アップの方法ではありません。

家事をしているときでも、洗い物中などに、片足を爪先立ちでするだけでも良いですし、片足を後ろに上げ片足立ちになれれば尚、効果的です。

これは、赤い筋肉と呼ばれる遅筋が鍛えられた結果、基礎代謝があげるのです。

遅筋を鍛えることにより代謝がアップすると言うことを先日テレビでやっていましたが、そのときはマラソン選手と短距離選手の基礎代謝量を比べると言うもので、両者の基礎代謝量を測ってみると、筋肉質の短距離選手より、一見痩せて見える長距離選手の方が代謝量は上だったのです。

つまり、同じものを食べてじっとしていた場合、長距離選手の方が、たくさんカロリーを消費することになります。

代謝アップの方法を考えた場合、食べた分だけ消費しようとしてガンガン運動することが必ずしもダイエットになるとは言えない事が、お解りいただけたと思います。
piposarukun * 簡単 ダイエット 運動 * 00:45 * - * - * pookmark
このページの先頭へ