<< 便意がない?頑固な便秘にはこの習慣が大切だった! | main | 便秘や下痢を繰り返す?敏感腸が原因か! >>

過敏性大腸症候群の症状で便秘に?原因はストレスに有る!

前回は便意がない状態と便秘をご紹介いたしましたが、今日は便秘解消の大敵、過敏性大腸症候群の症状です。
便秘になる、つまり腸内環境が悪くなっている人の腸は、過敏性大腸症候群の可能性があります。

その原因はストレスと言われています。

腸の蠕動運動(内容物を先へ送り出す運動)ガ強すぎて痙攣を起こしてしまっている、この状態が過敏性大腸症候群です。

ほかにも便秘が続いたかと思ったら激しい下痢に襲われる。
食後にキューとお腹が痛んだり、性格も生真面目な人がなりやすいです。

何でもなかったのに通勤電車に乗ると便意をもよおし我慢できない。
と言うのも過敏性大腸症候群の症状です。

原因は、ストレスですから、自分が何に悩んでいるのか、その原因を解決しましょう。

対策として基本は、大腸を刺激しないことが重要です。
ストレスが自律神経の働きを乱して大腸を痙攣させ、便秘や下痢を引き起こすのです。

少しくらいのストレスなら、十分な休養を取ることで解消できますが、ひどいときは病院へ行きましょう。

カウンセリングを受け気持ちを落ち着けたり、腸の緊張を沈める薬を出してもらっても症状はかなり改善できます。

もっと見る
過敏性大腸症候群

JUGEMテーマ:健康


piposarukun * デトックス * 15:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ