<< タニタ社員食堂メニューの秘密を知ればダイエットも簡単に出来る? | main | 汗腺トレーニングの方法を知り熱中症を予防しよう! >>

汗をかく 入浴法で熱射病を予防しよう!

JUGEMテーマ:健康


汗をかく 入浴法を知りたい人は、汗をうまくかけない人だと思います。

汗腺の機能が衰えていると汗をかきにくく体温の調整が上手に出来ないので熱射病にもかかりやすくなります。

汗をかく方法はいくつかあるのですが汗をかく入浴法のひとつ、手足高温浴も汗腺を鍛えるのに良い方法です。
では、汗をかく 入浴法の手順をご紹介します。

入浴前に水分を摂取しておくことから始めます。
約42度のお湯を用意します。

バスチェアに腰掛けてはいります。
毎日1回入りますがひじから下と膝から下を10分から15分間浸すのが重要です。

初めは時間内に汗をかかない人もいるでしょうが無理をしないで、時間内に終わらせます。
繰り返すと汗をかくようになります。

基本は無理をしないことが重要です。

手足高温浴は、手足以外は湯から出ているので汗が蒸発しやすいので理想的という声もあります。

汗をかく 入浴法はココで終わりではありません。むしろこの後が重要です。
汗をかいて出ていたときにエアコンで一気に体を冷やしてはいけません。

汗がすっと引いて気持ちが良いのですが、エアコンで一気に冷やすと汗腺が閉じてしまうのです。
更に、その後寝てしまうと汗腺がエアコンで閉じられているのに体の中は温まっているので寝汗をかきやすいということになり、熱中症の危険も高まるのです。

もちろん熟睡もできません。

汗をかく 入浴法では、入浴後はタオルで汗をふき取り扇風機や団扇で汗を自然乾燥させるのが良いのです。
だからといってエアコンを使用しないのでは夏場は熱中症の危険があって良くありません。

汗を上手にかけるようになったら徐々にエアコンの設定温度を上げる様にしましょう。
勿論、設定温度は程ほどほどにして、無理をしない範囲にすることが大切です。

次回は、自宅で出来る手軽な汗をかくほうほう、汗腺トレーニングです。
piposarukun * ダイエット総合 * 22:20 * - * - * pookmark
このページの先頭へ